目的と手段

本日の記事 「目的と手段」



『目的と手段』



手段とは、あくまでも目的を達成させる
ためのものであるのですが、いつの間にか
手段と目的が一致してしまっている事って
ありませんか?


例えばですが、仕事の効率を上げようとして
何らかのシステムを開発する必要がある場合など、

そのシステムをつくる事に翻弄してしまい
本来の効率をあげる目的から逸れてしまう。



売上を上げる為に、顧客の要望に応えて
いたつもりが、いつしか雑務レベルの
仕事だけが増えてしまった。など


所謂、仕事の為の仕事で終わってしまって
いる状態で、本来の目的が見失われている訳です。



これは、トレードでも同じ事が言えますね。

本来、投資で得た利益で、今よりも生活に
余裕を持てれば・・と始める方も多いかと
思いますが、いつの間にかトレードにのめり込んで
しまい、暇さえあれば、チャートのチェック。

常に、相場が気になって、家族との時間も
蔑ろにしている。など


これで、相応の利益が出ているのなら、まだしも
えてして、損失が膨らんでいく。。


これでは、到底幸せとは言えませんね。



あなたが、目指していたものは何ですか?

もう一度、原点を振り返ってみる必要が
あるかもしれませんね。



WCtake FXメルマガ通信
※この無料情報であなたがどれくらいの収入を得る事が出来る様になるのか!? ご確認ください!!

FX為替相場観 本日の見通し


2015年7月3日


昨夜発表された、米雇用統計は非農業部門雇用者数が、
予想を下回った為、米ドルは一時122.90台まで急落しました。

その後はやや戻したものの結局123円付近で
引けています。


一方で、ドルストレートは一時急騰しましたが、
こちらも結局戻しており前日終値とほぼ変わらない水準で
引けています。


いずれにしても、5日のギリシャ国民投票の結果が
出ない限りは仕掛けづらく本日も様子見の展開が
続く事かと思います。


続きはメルマガで。。


FX 投資 メルマガ 副業

FX初心者でも出来る!1日5分簡単副業


『無料メルマガをリニューアルしました』

USD/JPY・EUR/JPY・AUD/JPY・GBP/JPY・EUR/USD 計5通貨ペアの情報を配信中!

当ブログでは、最近の FX相場観などをお伝えしていますが、ブログと連動して、メルマガでは
具体的なFX投資トレード手法を公開しています。

まずは、無料情報で実際に、収入を得て下さい!驚愕の利益があなたにもたらされます!!

【WCtake FXメルマガ通信 過去のメルマガ配信成績はこちら】


そして、この情報の優位性をご理解頂けた方に「プロの投資手法」を全て伝授致します!
副収入に興味は有るが、忙しくて手が付けられない!!という方に、特にお奨めの情報となります。
無料メルマガから始まる「人生改造計画!」 一生自分の力だけで稼ぎ続けたい方、必見!!

『FX初心者が叩き出した勝率87%・月間利益率21%の驚愕の事実をご覧ください』
→ 『WCtake FXメルマガ通信 1日5分簡単副業』

※メルマガ登録頂きました方で、登録後、1日~2日経過してもメールが配信されない場合は
こちらをご覧ください→ 『メルマガが届かない場合に、お読みください』


※アンケートにお答え頂けましたら、今後の配信内容の参考とさせて頂きます。



*********************************************************************
当ブログにお越し頂き、有難う御座います。今回の記事は如何でしたでしょうか?
ブログランキング応援クリック有難う御座いますわーい(嬉しい顔)

にほんブログ村 小遣いブログ 副業・副収入へ
*********************************************************************

WCtake おすすめ ルレア アフィリエイト※FXを初めてみたいけど・・「まとまった資金が無い!!」という方!
 こちらで即効性のある副業を学んでみませんか?

 → 『まずは短時間で、5万円から稼いでみましょう』

【投資をされる方にお奨めの本】
投資家としてのマインドセットを行うのに必読本です。必ず読まれる事をお奨めします
伝説のトレーダー集団 タートル流投資の魔術伝説のトレーダータートル流投資
マーケットの魔術師 - 米トップトレーダーが語る成功の秘訣マーケット魔術師トップトレーダー成功の秘訣

【WCtake twitter】
ツイッターでは、名言・至言を主につぶやいています。
マインドセットのきっかけになるかもしれませんので、宜しければフォローお願いします。

こちらから→ @WCtake




この記事へのコメント


この記事へのトラックバック