【FX投資トレード手法】【目的地を確認する習慣をつける】

【FX投資トレード手法 無料メルマガ】 1日たったの5分で出来る簡単副業!!************

【9月の メルマガ配信成績】 700 pips 達成
【10月の メルマガ配信成績】 50 pips 達成
【11月の メルマガ配信成績】510 pips 達成

当ブログでは、最近の FX相場観などをお伝えしていますが、ブログと連動して、メルマガで具体的な
FX投資手法を配信しています。
期間限定で無料配信させて頂く予定ですが、無料では有り得ない驚愕な内容でお届け致します。
副収入に興味は有るが、忙しくて手が付けられない!!という方に、特にお奨めの情報となります。
是非、無料メルマガにも、ご登録ください。

詳しくは、下記案内ページに纏めましたので、今すぐ御確認ください

こちらの →→→   【 案内ページ 】   ←←← を、ご覧ください
こちらの案内ページでは、毎朝どの様な内容の記事が配信されるのか、またその情報を、
どの様に活用すれば良いのか
。等、詳しく説明させて頂いております。
内容をご確認頂きまして、納得された上で、メルマガに申込み頂きたく、お願い致します。

【FX相場観】********************************************************
オバマ大統領の再選によって、懸念していました通り、相場は円全面高となっています。

当日から、売り参入していました、メルマガ読者の方は、現在、大きな含み益を抱えている状態で
今朝の時点で、トレンド転換した通貨につきましても、利益確定でき、ダブル収益となっていますね

このトレンドに乗りたい方は、メルマガ登録をしてください。


[FX口座開設の仕方]
こちらのページで詳しい手順の説明をしております→ 【FX業者の紹介】

【マインドセット】 ******************************************************
「目的地を確認する習慣をつける」


何かの目標や目的に向かって行動していても、まだまだ先が長い。と気持ちが萎えてしまう時
もあります。

そんな時は、まず現在の位置に辿り着いた事を、素直に喜びましょう。


何事も一足飛びには進めないモノですし、焦りは不安と恐怖を生み出します。

その負のスパイラルが、そもそもの目的を見失い、彷徨ってしまい、結果的に余計に遠回りして
しまう事に成りかねません。

遠回りの過程で、得られるモノが、後々大いに役立つ事も往々にしてあるのですが、出来れば、
今踏みしめている一歩の喜びを噛み締めながら、一歩一歩確実に進みたいモノです。

※ この週末は、是非これに取り組んでみて下さい
 ↓ ↓ ↓
【アフィリエイトで確実に稼ぐ方法】 → http://wctake.seesaa.net/article/300465676.html
アフィリエイトの知識が無い方でも、確実に稼げる方法を記事にまとめています。
ブログが作成できる方であれば、自動で稼ぐシステムを構築する事も出来ます。
初心者の方で、数千円~数万円。知識のある方なら、数十万円~数百万円の収入が見込めます。
是非、ご覧下さい

***********************************************************************
人気ブログランキングに登録しています。1日1回クリックして頂きますと、より多くの方に見て頂ける
こととなります。 ご協力頂けましたら幸いです。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

人気ブログランキングへ

【お奨めのFX業者】
■ 初心者に、お勧めのFX業者です。まずは、口座開設を行い、デモトレードをしてみて下さい。
(デモ取引きなら、資金は必要ありません)
使いやすいFXシステム【ヒロセ通商】

■ 既に取引きをされている方で、業者変更を検討されている方にお勧め
DMM FX

■ バイナリーオプションならこちら。上がるか下がるか予想するだけ簡単明快!!
口座開設無料!面倒な手続き一切不要!スマオプで取引口座開設!!

【投資をされる方にお奨めの本】
投資家としてのマインドセットを行うのに必読本です。必ず読まれる事をお奨めします
「楽天」
マーケットの魔術師 [ ジャック・D.シュワッガー ]
タートル流投資の魔術 [ カーティス・M.フェイス ]
「Amazon」
伝説のトレーダー集団 タートル流投資の魔術
マーケットの魔術師 - 米トップトレーダーが語る成功の秘訣


【WCtake twitter】
ツイッターでは、名言・至言を主につぶやいています。
マインドセットのきっかけになるかもしれませんので、宜しければフォローお願いします。

こちらから→ @WCtake

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック