【FX投資トレード手法】自分で決めた事をキチンとやり遂げる

FXシグナル配信 無料メルマガ1日たったの5分で出来る簡単副業  無料メルマガ期間限定登録受付中

【10月の メルマガ配信成績】  50 pips 達成
【11月の メルマガ配信成績】 1150 pips 達成
【12月の メルマガ配信成績】  910 pips 達成

当ブログでは、最近の FX相場観などをお伝えしていますが、ブログと連動して、メルマガで具体的な
FXシグナル配信を行っております。
期間限定で無料配信させて頂く予定ですが、無料では有り得ない驚愕な内容でお届け致します。
副収入に興味は有るが、忙しくて手が付けられない!!という方に、特にお奨めの情報となります。
是非、無料メルマガにも、ご登録ください。→まずはこちらで内容をご覧ください
※こちらから登録頂けましたら、メルマガの登録並びに、マニュアルを配布させて頂きます。
※メルマガの情報を基に、1日5分作業して頂くだけで収入が得られます!!

FX相場観 本日の見通し

昨日も、調整の動きが継続しましたね。

ただ、各通貨共に、シグナル的には、売り転換の一歩手前で、ギリギリ留まっている状態です。

この状態は、今週の下げ相場が、このまま売り浴びせとなるのか、それとも現在の上昇相場での、
一時的な調整にすぎないのかを見極めるのに非常に重要な位置です。

本日以降、この水準を維持できるか、割れていくのか注目です。

[これから資産運用を始めたい方に最もお奨めの投資法] おすすめ
『4万人が毎日継続して収入を得ている自動売買システム』

[FX口座開設の仕方]
こちらのページで詳しい手順の説明をしております→ 【FX業者の紹介】

マインドセット 本日の記事

「自分で決めた事をキチンとやり遂げる」

年初という事で、前回の記事でも「今年の抱負」について、触れましたが。

本日は、そんな「自分で決めた事」をやり遂げる事の重要性について触れたいと思います。


ビジネスで成功したり、人生で幸せになりたい!という方は、まずは「自分で決めた事を、
嘘偽りなくやり遂げる」  この事を強く意識してみて下さい。


実は、「自信」というのは、こういう所から生まれるのですね。

そして、自分で決めた事をやり遂げた事が、何度もある人は、人生なんてのは、この繰り返しで
どうにでも成る。という感覚を持っています。

だから、成功者は、何か新しい事に取り組む場面でも、初めは分からなくても、続けていれば
必ずゴールに辿り着けると、心から信じて突き進んで行くのです。

時間が掛かっても「やり遂げる」事にフォーカスしている訳ですから、途中で諦めるという
選択肢が無い為、結果的に目標を達成する訳ですね。


この「成功法則」には、時間も経験も必要ですが、根本的に土台となっているのは
「自分で決めた事は最後までやり遂げる」 この精神だけです。


あなたが抱いた、今年の抱負は何ですか?

まずは、それを必ず今年やり遂げてみましょう!!


メルマガ 期間限定 無料メルマガ登録受付中!! → メルマガ登録はこちらから
※この無料情報であなたがどれくらいの収入を得る事が出来る様になるのか!? ご確認ください!!

※まだ、FX口座をお持ちでない方は、こちらのページで詳しい手順の説明をしております
【FX業者の紹介】


***************************************************************************
当ブログにお越し頂き、有難う御座います。今回の記事は如何でしたでしょうか?
人気ブログランキング応援クリック有難う御座います
わーい(嬉しい顔)

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

為替・FX ブログランキングへ
***************************************************************************
【アフィリエイトで確実に稼ぐ方法】
アフィリエイトの知識が無い方でも、確実に稼げる方法を記事にまとめています。
ブログが作成できる方であれば、自動で稼ぐシステムを構築する事も出来ます。
初心者の方で、数千円~数万円。知識のある方なら、数十万円~数百万円の収入が見込めます。
是非、ご覧下さい

【投資をされる方にお奨めの本】
投資家としてのマインドセットを行うのに必読本です。必ず読まれる事をお奨めします
伝説のトレーダー集団 タートル流投資の魔術
マーケットの魔術師 - 米トップトレーダーが語る成功の秘訣

【WCtake twitter】
ツイッターでは、名言・至言を主につぶやいています。
マインドセットのきっかけになるかもしれませんので、宜しければフォローお願いします。

こちらから→ @WCtake




この記事へのコメント


この記事へのトラックバック