提供する気持ち

FX 投資 メルマガ 副業

FX初心者でも出来る!1日5分簡単副業


『無料メルマガをリニューアルしました』

USD/JPY・EUR/JPY・AUD/JPY・GBP/JPY・EUR/USD 計5通貨ペアの情報を配信中!

当ブログでは、最近の FX相場観などをお伝えしていますが、ブログと連動して、メルマガでは
具体的なFX投資トレード手法を公開しています。

まずは、無料情報で実際に、収入を得て下さい!驚愕の利益があなたにもたらされます!!

【WCtake FXメルマガ通信 過去のメルマガ配信成績はこちら】


そして、この情報の優位性をご理解頂けた方に「プロの投資手法」を全て伝授致します!
副収入に興味は有るが、忙しくて手が付けられない!!という方に、特にお奨めの情報となります。
無料メルマガから始まる「人生改造計画!」 一生自分の力だけで稼ぎ続けたい方、必見!!

『FX初心者が叩き出した勝率87%・月間利益率21%の驚愕の事実をご覧ください』
→ 『WCtake FXメルマガ通信 1日5分簡単副業』

※メルマガ登録頂きました方で、登録後、1日~2日経過してもメールが配信されない場合は
こちらをご覧ください→ 『メルマガが届かない場合に、お読みください』

[FX口座開設の仕方]
こちらのページで詳しい手順の説明をしております→ 【FX業者の紹介】

FX為替相場観 本日の見通し


2014年5月14日

昨日日中は日経平均が大きく上昇した事から、米ドル円なども堅調な動きとなりました。

その後、NY時間に発表された、米4月小売高が予想を下回り、また10年債の利回りも低下した為、
反落となっています。

本日は、英経済指標に注目です。
これまで利上げの期待値だけで上昇してきた、ポンドですが、今夜のインフレ報告が
どの様な内容になるかで影響を受ける事かと思います。

日本時間 17:30注目ですね。

続きはメルマガで。。

本日の記事 「提供する気持ち」




『提供する気持ち』


モノが溢れている現代では、ただモノを売るだけでは、なかなかビジネスとしては成功が
難しい世の中ですね。


どの様な商品や、サービスであっても、巷には同じ様なモノが溢れている訳ですから
何かしらの付加価値が認められなければ、買ってもらえない訳です。


訴求効果としては、他商品との明らかな差別化ができる事に越した事はありませんが、
それが難しい場合には、最終的には、そのモノを提供する気持ちに誠心誠意の思いが込められているか?
が鍵となりそうです。


例えば、そのモノを売っている営業マンや小売店の方が、単なる作業として売っている場合と、
誠心誠意心を込めて、売っている場合とでは、明らかにその態度に違いが表れますよね。


買い手の立場になって考えてみた場合、同じ様なモノであれば、間違いなく後者から買いたいと
思う事でしょう。


商品やサービスなど、どこからでも買えて当たり前の時代に、最終的には作る人・売る人の
心がこもっているのか? が重要な判断基準となるでしょう。



*********************************************************************
当ブログにお越し頂き、有難う御座います。今回の記事は如何でしたでしょうか?
ブログランキング応援クリック有難う御座いますわーい(嬉しい顔)

にほんブログ村 小遣いブログ 副業・副収入へ
*********************************************************************WCtake FXメルマガ通信
※この無料情報であなたがどれくらいの収入を得る事が出来る様になるのか!? ご確認ください!!

WCtake おすすめ ルレア アフィリエイト※FXを初めてみたいけど・・「まとまった資金が無い!!」という方!
 こちらで即効性のある副業を学んでみませんか?

 → 『まずは短時間で、5万円から稼いでみましょう』

WCtake おすすめ 資産運用 投資法 自動売買[これから資産運用を始めたい方に最もお奨めの投資法]
『6万人が毎日継続して収入を得ている自動売買システム』


【投資をされる方にお奨めの本】
投資家としてのマインドセットを行うのに必読本です。必ず読まれる事をお奨めします
伝説のトレーダー集団 タートル流投資の魔術伝説のトレーダータートル流投資
マーケットの魔術師 - 米トップトレーダーが語る成功の秘訣マーケット魔術師トップトレーダー成功の秘訣

【WCtake twitter】
ツイッターでは、名言・至言を主につぶやいています。
マインドセットのきっかけになるかもしれませんので、宜しければフォローお願いします。

こちらから→ @WCtake

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック