自分らしくある為に

本日の記事 「自分らしくある為に」



FX『自分らしくある為に』



様々な情報を取得したり、学ぶ事は大切だと思いますが、
その情報に流されてあっちフラフラ、こっちフラフラしていては
自分の軸というものが失われがちですね。


一度、インプットした情報や学びは自分の中で咀嚼し腹落ちしてこそ
価値のあるものといえると思います。


ですから、周囲の情報に惑わされない為の最後の判断基準となりえるのは、
自身の考え方であり、価値観だと思うのです。


「自分らしくある為には」


この観点で物事を判断していきたいものです。



PS.

昔、尾崎豊さんの歌で

「僕が僕であるために」という歌がありましたね

以下は、歌詞の1フレーズです。




僕が僕であるために勝ち続けなきゃならない

正しいものは何なのか それがこの胸に解るまで

僕は街にのまれて 少し心ゆるしながら

この冷たい街の風に歌い続けてる


FX為替相場観 本日の見通し


2015年12月7日

先週末発表された、米雇用統計は予想を上回る結果となった事で
来週のFOMCでの利上げはほぼ確実となりました。

これを受けて、米ドルは、123円を回復しましたが、利上げのペースが
緩やかになるだろうとの見方がありいまいち伸び悩んでいる感があります

NYダウが大幅反発となった事で日経平均先物も上昇しており、本日は
米ドルも比較的底堅い動きになるかとは思いますが、大幅上昇は望めないかと
思います。

その他今週は主だった経済指標発表もないので、来週のFOMCまでは方向感の
ない動きになるかもしれませんが中国の指標発表は連日のようにありますし、
木曜日はNZ政策金利発表、豪11月雇用統計の発表がありますので
オセアニア通貨は動くかと思います。

尚、ポンドに新たなシグナルが発生しています

続きはメルマガで。。


FX 投資 メルマガ 副業

FX初心者でも出来る!1日5分簡単副業


『無料メルマガをリニューアルしました』

USD/JPY・EUR/JPY・AUD/JPY・GBP/JPY・EUR/USD 計5通貨ペアの情報を配信中!

当ブログでは、最近の FX相場観などをお伝えしていますが、ブログと連動して、メルマガでは
具体的なFX投資トレード手法を公開しています。

まずは、無料情報で実際に、収入を得て下さい!驚愕の利益があなたにもたらされます!!

【WCtake FXメルマガ通信 過去のメルマガ配信成績はこちら】


そして、この情報の優位性をご理解頂けた方に「プロの投資手法」を全て伝授致します!
副収入に興味は有るが、忙しくて手が付けられない!!という方に、特にお奨めの情報となります。
無料メルマガから始まる「人生改造計画!」 一生自分の力だけで稼ぎ続けたい方、必見!!

『FX初心者が叩き出した勝率87%・月間利益率21%の驚愕の事実をご覧ください』
→ 『WCtake FXメルマガ通信 1日5分簡単副業』

※メルマガ登録頂きました方で、登録後、1日~2日経過してもメールが配信されない場合は
こちらをご覧ください→ 『メルマガが届かない場合に、お読みください』

WCtake FXメルマガ通信
※この無料情報であなたがどれくらいの収入を得る事が出来る様になるのか!? ご確認ください!!


※アンケートにお答え頂けましたら、今後の配信内容の参考とさせて頂きます。

*********************************************************************
当ブログにお越し頂き、有難う御座います。今回の記事は如何でしたでしょうか?
ブログランキング応援クリック有難う御座いますわーい(嬉しい顔)

にほんブログ村 小遣いブログ 副業・副収入へ
*********************************************************************

WCtake おすすめ ルレア アフィリエイト※FXを初めてみたいけど・・「まとまった資金が無い!!」という方!
 こちらで即効性のある副業を学んでみませんか?

 → 『まずは短時間で、5万円から稼いでみましょう』

【投資をされる方にお奨めの本】
投資家としてのマインドセットを行うのに必読本です。必ず読まれる事をお奨めします
伝説のトレーダー集団 タートル流投資の魔術伝説のトレーダータートル流投資
マーケットの魔術師 - 米トップトレーダーが語る成功の秘訣マーケット魔術師トップトレーダー成功の秘訣

【WCtake twitter】
ツイッターでは、名言・至言を主につぶやいています。
マインドセットのきっかけになるかもしれませんので、宜しければフォローお願いします。




この記事へのコメント


この記事へのトラックバック